月別アーカイブ:2007年09月

2007年09月の記事一覧。サーフィンやちょっとした趣味について、勝手に辛口に書いていきます。 ご意見などお気軽にコメント下さい!
no-image

HOW TO SURF先日、チーム員の2人がはじめて肩サイズで沖に出てきた!1時間ほど格闘した後『1回上がって高い所から見たら、今までパドルしていた所がはまる所だったんで出やすい所を探して出たら出れました!』って言ってた。頭を使ってサーフィンが上手くなったって事でしょう!でも、『沖に出たら怖くて乗れませんでした。』って言っていたので、やはり体験したこともないサイズで急に沖に出ても怖いのか?って思った。初めての事なので不...

記事を読む

VILLAGE SURFBOARDSとうとう出来たニューボード!ずいぶんと久しぶりに作ったニューボードだ。今回は『BEETLE MODEL』で5’5という短さ!12年ぶりの短さでトリッキーな技がやりやすいように作った。マサトのBEETLEとアウトラインは一緒だけど、コンケーブとボリュームを変えて俺仕様にした。しかも、ブラシは自分で吹いた。表はちょっと失敗したけど、裏は結構かっこいいでしょ!『GUMBALL』って言うヨーロッパ横断公道レースに出ていたランボル...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF『沖に行こう!』なんてタイトルつけると、みんなで行こう!頑張ろう!なんて感じるかも知れないけど、初心者の人にはこれが苦痛なのかな?今週の練習会は、誰も入っていないようなジャンクでサイズも頭前後とかなりハードなコンディション。俺は見ていて乗れるな!結構遊べるんじゃない?って思った。下手に土曜みたいに人も多くて流れも有って、乗る波も少ないなんて状況より、少人数でもパワーが有って波を選べる方が面白いし、...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF突然なんのこっちゃ?と思うかな?サーフィンというスポーツはかなり頭を使うスポーツです。最近ゴルフやっているので、リンクしているところが多いのでサーフィンに対する考え方も変わってきた。サーフィン上手くなる人、ゴルフが上手くなる人って、そう違いは無いと思う。どんなスポーツでも上手くなりたい!って思ったら、頭を使おう!このテーマは前から書こうを思っていたんだけど、どう表現していいか分から無かったので中々...

記事を読む

SURF久々に板折った!今日の夕方、店前はセット頭半近くで風は南の弱いサイド。バックウォッシュもかなり有るが、セットの形のいい波はピークから掘れ掘れの波。砂を巻き上げているので水の中はゴミだらけで最悪だが、パワーがあっていい波だった!なんでこんなにパワーも有っていい波なのに、俺1人。こういうときこそ、小さい波でがっついている奴入ってきてやられないかな?なんて思ってたら、俺がやられてた!暗くなってきたので良...

記事を読む

SURF2007 BOOST MOBILE PROが終了!とうとうケリーが優勝した!この優勝で、生涯優勝回数の記録を抜いたのと、一気にランキングが2位になったので、今年もワールドチャンプの射程距離に入った。やっぱり来たか!って感じだ。この試合で、タジ、アンディー、ミックは17位でポイントを伸ばせなかったが、ケリーの優勝で1位のミックとの差が約200ポイント。残り4戦がどうなるか?だけど、最終ラウンドはハワイのパイプライン。ケ...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF9月になると台風などでサイズが大きくなることが多い。そこで、今年はじめたサーファー(初心者)の人がまずぶつかるのが大きい波に乗ることだ!俺の場合は、サーフィンやる前にスケボーしていたし、小さいころから海で遊んでいたので波自体が怖いことは無かったのですぐに大きい波に乗れるようになった。サーフィン初めて3回目でダブルのハセソウ!無理やり沖に呼ばれて、やっと沖に出たと思ったら『行け!』って反転してる最中...

記事を読む

no-image

SURF今日は久しぶりにいい天気だ!風もそれほど強くは無いが、空気が乾燥していて暑さはあるがすごしやすい。夕方はもろに秋って感じの空だ。夏って何でこんなに短いんだろう?今年の夏は、暑かったもののたいしたサーフィンしていないから、夏の気がしない。店に居て仕事をして夏が終わっちゃった感じだ。来年は海水浴でも行きたいね。ボディーサーフィン大会とか?...

記事を読む

ゴルフとうとう秘密兵器を投入した!MIZUNO T=ZOID PRO PLUSだ!前に買った物は、軽くてシャフトもカーボンだった。色々調べた結果、重いクラブでシャフトもスチールが良いと判明。確かに最近打てるようになってきたのか、どうも他の人のクラブを借りると打ち安いと思っていた。スチールシャフトでヘッドが重いものがいいみたいだ。このクラブは5Iで430グラムもありシャフトもライフルの6.5だ。テツオのクラブで1度打たせても...

記事を読む

SURF出来た時には喜んで、近づきすぎるとびびって来る。普通の人たちには何の得にもならない台風が上陸寸前。さすがにサーファーでも家に居たら迷惑でしょう。来る前に波が上がるのは嬉しいけどね…でもって、この罰当たり者たちはいい波を求めてプチトリップ。朝4時半に集合して、出来るところを探す。ポイント名は書けないが、1ラウンド目はセット間の長いオフショアで煽られたポイント。大して良くなく1時間で終了。帰りにリーフ...

記事を読む

no-image

マナー&ルールようやく波が上がってきて喜んでいるのは上級者だけか?今年の夏は本当にスモールだった!今年の夏にサーフィンを始めた人には良かったのか、悪かったのか?HOWTOの方でも書いたが、俺的にはショートがやりたいならショートをやるべきだって書いたけど、波が余りにも無いと最初はショートでは辛いはず。なので今年の夏はファンやロングでも良かったかもしれないんだけど、波が無かったのはたったの1ヶ月(俺からしたら冗談じゃない...

記事を読む

no-image

SURFようやく台風の波で頭とかのサイズが出てきている。土日はサイズ上がっているも、店のことでノーサーフ。月曜にやっと海に入れたが調子が悪すぎ!結局3ラウンド入ってロクなライディングしていない!1ヶ月も波無し地獄で、クアッドしか乗って居ないのも影響していると思う。どうしてもスピードが出ないから技がヨレヨレになっちゃう。クアッドで波が無いと、前足体重でも加速しちゃうから完全に癖になっている。ステップバックがや...

記事を読む

no-image

ゴルフって毎週恒例か?たて、テツオ、くりと4人。ま、テツオには勝てないだろうなと思ってはいたが、たてに負けるとは!結果は、たて41、テツオ39、クリ55、俺44の3位。そんなに調子は崩れてないし、安定はしてきているんだけど、たまにやらかすのが原因か?途中、ショート連発したりしたので集中してやったら、30台も難しくない感じがした。室内練習が効いているのか、パターはそんなに悪くは無かった。ティーショットも若...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

恐怖?

先日、チーム員の2人がはじめて肩サイズで沖に出てきた!

1時間ほど格闘した後『1回上がって高い所から見たら、今までパドルしていた所がはまる所だったんで出やすい所を探して出たら出れました!』って言ってた。頭を使ってサーフィンが上手くなったって事でしょう!

でも、『沖に出たら怖くて乗れませんでした。』って言っていたので、やはり体験したこともないサイズで急に沖に出ても怖いのか?って思った。初めての事なので不安があっての怖さだと思うので、もう何回か出てくるうちにその恐怖感もなくなると思う。

ただ、サーフィンの面白さって言うのはその『恐怖』とまでは行かないが『ビビる』って所に面白さがあると思う。

たとえば、ジェットコースターって怖いと思う人もいるし、楽しいって思う人もいると思う。でも、楽しいと思う裏には『怖い』って気持ちがあってそれを(気持ちを)抜けると一気に裏返って『楽しい』に変わるんだと思う。
出なければ、富士急などの何十メートルから落下!とか、『絶叫マシーン』ってものも意味がなくなるからね。
バンジーなんてものも究極だと思うよ。最初からまったく怖くなかったら、まったく面白くないでしょう。

で、話を戻すけどサーフィンの面白さは前回も書いたとうり、まだ崩れていない波の斜面を凄いスピードで降りるってことが1歩目だけど、これ『怖い』って感情をもったまま成功するから、半端じゃなく面白いんだと思う。

だから、その沖に出てきた2人にとっては、まだ乗っては居なくても沖に出てきてちょっと怖いけどそれすらも面白かったと思うし、次は乗ってやるって思っていると思う。(実際次の日も来てたからね)

次はその恐怖を乗り越えて、波に乗って見るのがチャレンジだから、その怖いって思うことに自分でぶつかって行かないと面白さが増えていかないでしょう。

まずは1つ目を乗り越えて、次の目標が出来たでしょう。そこにも『怖い』って気持ちも有るかも知れないけど、出来たら本当に面白いよ!

サーフィンは『怖い』って事ばかりでは無く、色々な要素が詰まっていて開ける引き出しは無限にあるスポーツだから、どこに『楽しさ』を感じるかは人それぞれだけど、本当に気持ちよく感じるのは上達して怖いという感情を乗り越えたときの様な気がする。
そして、その上達していく過程で色々なシチュエーションが有って更に面白さを倍増しているんだ。

朝日を浴びてサーフィン出来る!

無風面つるのいい波で仲間同士で貸切の海が気持ちいい!

さっきまで人も一杯いたし、波も悪かったのに夕方になって風も止み、人も少なくなって波も良くなった上に、夕日が最高!なんてミラクルも起こって見たりしたら仕事やめちゃうかも?って位に最高な思いでしょう。

海外旅行も普通に観光するのでは無く、波を求めて旅をするので普通の観光客が居ないような所にいってみたり、いい波でキレイな海で仲間だけなんてことも有るし、上げたらきりが無いね。

サーフィンって出来るようになったら、一生付き合えるスポーツだけど、普通の波でテイクオフ出来るか出来ないかが境目になって、本当に楽しめるか、ただ『面白い』ってだけなのか2通りあるから是非これを呼んでいる『サーファー』には本当に楽しんで欲しいね。

HOW TOでは無い様な記事だけど、これが重要です!

『怖い』なんて思えるのは初心者のうちだけだから、今のうちにその気持ちを楽しんでおいて。上手くなるとあまり感じなくなるから。

俺は『冬』が怖いよ。

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

とうとう出来た!

とうとう出来たニューボード!

ずいぶんと久しぶりに作ったニューボードだ。

今回は『BEETLE MODEL』で5’5という短さ!12年ぶりの短さでトリッキーな技がやりやすいように作った。

DSCF3695.jpg


マサトのBEETLEとアウトラインは一緒だけど、コンケーブとボリュームを変えて俺仕様にした。

しかも、ブラシは自分で吹いた。表はちょっと失敗したけど、裏は結構かっこいいでしょ!『GUMBALL』って言うヨーロッパ横断公道レースに出ていたランボルギーニのブラシがモデル。

短いし、目立つし、乗り方も変わるので相当目立つと思うよ。来週はシーソングCUPなので、波次第ではこの板で出るかもね。


 カテゴリ
 タグ
None

沖に行こう!

『沖に行こう!』なんてタイトルつけると、みんなで行こう!頑張ろう!なんて感じるかも知れないけど、初心者の人にはこれが苦痛なのかな?

今週の練習会は、誰も入っていないようなジャンクでサイズも頭前後とかなりハードなコンディション。
俺は見ていて乗れるな!結構遊べるんじゃない?って思った。下手に土曜みたいに人も多くて流れも有って、乗る波も少ないなんて状況より、少人数でもパワーが有って波を選べる方が面白いし、ジャンクな波は練習になる。

今回のテーマは沖に出る!って事だけど、これを見ている初心者の方どのくらいのサイズなら沖に出られますか?

無理して出ろ!ってわけでは無いが、頑張ってますか?
諦めたりしてない?

なんでこんなこと言っているかと言うと、冬も近くなってきたので今のうちにうねりからテイクオフ出来るようにしないと、冬続かないよ~って事。

前にも書いたが、サーフィンっておもしれ~って思えないと、あの厳しい冬は越えられない!越えないと上手くならない!また夏の前からやり直し~って事はいつまでたってもサーフィンの面白さは分からないわけで、自然に触れ合う遊びで終わっちゃう。

これを見てくれている人で初心者の人も居ると思うし、ビレッジのクラブ員で初心者の人たちも、俺にかかわっている人たちにはサーフィンって物を味わって欲しいし、確実に味わうことが出来るから頑張って欲しい!

で、沖に出ることが第一歩だから、目標を持って練習して欲しい。

無理も無いサイズだと、胸肩くらいのサイズで沖に出る目標を立てて頑張ろう!

でも、堤防脇の流れは使わないように!その波でも沖に出られるパドル力があれば使ってもいいけど、無いなら使わないこと!もし思っている方向と逆に行ってしまったり、誰かが乗ってきたときに対処できなくなったりするので、真正面から行きましょう!

今回の練習会はジャンクで無理に近かったけど、胸肩くらいのサイズなら、乗ることよりも沖に出る練習に徹した方が後々楽だ!

多分胸肩くらいのサイズならドルフィンできなくても、頑張れば1回くらいは沖まで出られるでしょう。

だから、今週は1回しか出られなければ、来週は2回出よう!とか、段々レベルを上げているうちに、普通に沖に出られるようになっているでしょう。そうやって居るうちにいつの間にか波にも乗れるようになっているでしょう。

沖に出る事の重要性は、パドル力を付ける!って事だけではなく、ドルフィンをする時のタイミングを見ているうちに、波のブレイクタイミングを身体で覚えることになる。どこにパワーがあってどういう方向にどういうタイミングで押されるのか?そして、パドリングしている内にも沖からテイクオフしてくる人を見て、パドリングのタイミングや漕ぎ方、そしてライディングの仕方などを目にするようになると思う。

そこで初めて、自分の脳にもイメージが付くでしょう。見ているだけでも『すげー面白そう!』って思えばなおさらいいね!頑張る糧にもなる。

そこで、具体的な沖に出るためのノウハウを!

1、足を必ず閉じる!

これは、バランスをおへそで取れ!と言うこと、足を開いていると、開いた足でバランスを取っているので、重心が左右のレール側に振れている。そうすると、パドリングが進まないどころか、テイクオフで波の押す力も分散されるし、ドルフィンの時には足が引っかかって戻されやすい。見た目だけでは無く、技術的に必要なところなので、必ず足は閉じましょう。これが出来ないと次には進めません!

2、胸を反る!

パドリングの時に、足を開いて胸をべたっとボードに付けてパドリングしている人がいるけど、あれでは余計に疲れるよ。胸を反れとは、あごを引いて、遠くを見て、方を持ち上げる。胸を反って肩の位置を上げないと、水を掻いたあとまたノーズの方へ手を持っていく動作の時に水面より腕を上げる動きが辛くなり、片方の肩だけ上がってしまう。そうすると、余計な筋肉が疲れるばかりではなく、またしても左右に重心がブレてしまうので、まったく進まない。進まなければ余計に力を入れなければいけないので、更に疲れる悪循環が生まれる。足を閉じて、胸を反らなければパドリング出来ないよ。

3、ドルフィン(ロングはローリング)はまっすぐ早めに!

パドルが出来たら、進むようになるはずなので、次は向かってくる波との戦いになるはず。そこで、『戻されちゃう!』って思わないように!って言うか戻されるのは当たり前。で、どれだけ戻されないように交すかって言うのがドルフィンスルー。何年やってもドルフィンは戻されます!よっぽど小さい波は別だが。で怖がらず、波が来たら早めにノーズを沈ませて、片足をデッキの上に乗せたら、もう片方の足を空中高く上げる!波に対して直角に!後はタイミングを取れば絶対に出来るから焦らず落ち着いてやること。
前にも書いたが、ここでボードの浮力が合っていないとちゃんとやっていても出来ないので、ボードは分かる人(ショップがベター)から買いましょう!ボードをあわせないと何の練習にもなりません!

4、絶対に諦めない!

行くと決めたら絶対に諦めない!これは技術では無いが絶対条件!結構色々な初心者を見てきたが、諦める人には何を教えても出来るようにならない。サーフィンって誰も助けてくれないし、はっきり言って相当面白いスポーツなので、そのフィールド内では『弱肉強食』状態だ!誰よりもいい波で、誰よりも気持ちいい技をしたい!って誰もが思っているからね。それで、みんな諦めなかったから沖でいい波に乗って気持ちいい技かけてるわけ。絶対に諦めない!って自分に言い聞かせてから入るといいかも?

項目にするとたいした項目は無いんだけど、少ないから1つでも漏れると出来ないよ。この4つを覚えて次週は頑張ってみて!

何度も書くけど、厳しいかも知れないが、それでも面白いって思うからこう書いている。出来たら絶対に面白いから!もっと面白いスポーツあったら教えてくれ!ってくらいサーフィンは面白い。20年近くやっているがサーフィンより面白いこと見たこと無いもん。

何人も教えて来た中で、甘いこと言って教えた人は止めてる。結局出来ずに止めちゃう。厳しく言ってやめた人も居るけど、喜んでいる人も多い!出来ると面白いから!絶対に!だから俺も諦めずに教えて行くよ。




 カテゴリ
 タグ
None

頭を使え!

突然なんのこっちゃ?と思うかな?

サーフィンというスポーツはかなり頭を使うスポーツです。

最近ゴルフやっているので、リンクしているところが多いのでサーフィンに対する考え方も変わってきた。

サーフィン上手くなる人、ゴルフが上手くなる人って、そう違いは無いと思う。どんなスポーツでも上手くなりたい!って思ったら、頭を使おう!

このテーマは前から書こうを思っていたんだけど、どう表現していいか分から無かったので中々書けなかった。なんとなく説明できるかなって感じてきたので書くけど、たまにわけ分からん文章に成るかも。

さあ、どうやって使うか?というより、上手くなる人はどう考えて行動しているかだ。

サーフィンもゴルフも中学の授業や部活では中々無いので、『やらされる』的トレーニングは無いと思う。野球部に居た人などは分かると思うが、1年の最初は『声だし』『玉拾い』等から始まると思う。
これが大事で、たとえ見ていて(先輩のプレー)出来そうだ!と思ってもやらせてくれないはず。でも野球が好きな人は、部活が終わって家に帰ってから、壁キャッチボールしてみたり、バットを持って素振りに行ったりって努力をしている。

何が言いたいかというと、この行為(家トレ)は頭を使ったということです。

たとえば、この少年A君は先輩のやっているキャッチボールやバッティングなどを見よう見まねでやってみる。何か違ったら、次の部活で観察して何が違うか探って見る。また夜やってみる。

ただ、やるのでは無く頭を使って効率よく練習することを覚えているのである。当然この少年A君は誰よりも上手くなっていることでしょう。

サーフィンに置き換えると?アナタのサーフィンはどうですか?

で、ゴルフやサーフィンといったけどサーフィンは特に難しい。

ゴルフははっきり言って、科学されていて効率のいい練習方法などが色々なコーチが研究して、『ドリル』という練習方法が作られている。家に居てもどうやってトレーニングするかが出回っているわけ。

サーフィンに『ドリル』は無い。スクール等でも全然違う教え方で分かりづらいかもしれない。まして、フィールドが海だけに同じ状況では練習できないでしょう。

まず、頭を使わないとサーフィンは上手くならないと思う。
どうやって海と同じ状況を作って練習するか?イメージしやすい状況を作りだして、実際にやってみるか?相当難しいよ。サーフィンってそうやって頭を使う人と使わない人ではかなりの差が出ちゃうでしょう。1年やってもまったく立てない人、1年でいくつかの技が出来る人に簡単に別れてしまう。

まずは、テイクオフを考えてみよう。

たまに、『どうしてもパーリングしちゃうんですよ。』って相談を受けるが、見てみると相当難しい所からテイクオフしようとしている。そのポジションでそのスピードでテイクオフしろって俺に言われてもパーリングするわって所。もし出来ても走れるポジションではないような場所からテイクオフしている。

まずは、頭を使って良く波と他のサーファーのテイクオフを見ること。『玉拾い』では無いけど、1ラウンドくらい自分がテイクオフしなくても脇から見ているだけでもやってみてはどうでしょう?1ラウンド分とことん観察。で帰ってからイメージしてやってみる。はっきり言ってテイクオフは2D(2次元)だから、そう難しいことは無い。波のポジションも縦(沖と岸)だし、ボードの方向も体重配分も2Dだからちょっと観察したらイメージ付くはず。家トレも2Dだから平地で練習したものがそのまま海で使える。

ボトムターンとかリップになると3D(3次元)で考えないといけないから平地ではイメージしづらくなる。更に頭を使って練習しないと分からないでしょう。

俺は、スケボーをかなりやっていたので(というか、将来サーフィンするために3年も本気でスケボーしてた)3Dでイメージすることにも慣れているし、スケボーでサーフィンのイメージが練習できた。ランプも出来るので3Dで練習しやすい。本当は、海では波も動いているので3D+αだから4D(4次元)くらいで考えないといけないんだけど。

かなり難しくなってきたでしょう!でもこれ、上手くなる人はそういった理論的なことではなく、ただイメージでやっているんだよね。俺も、ゴルフについては、何であんなに打てるんだろう?とか考えてもその場所が練習場だから、1人で練習しているから出来るようになるのか?とも思うが、恐らく上手くなる人は家でもやっているみたいだし、プロなんかは歩く歩数も合わせるようにしたり、歩くテンポも大事らしい。ただ打つという表見のスポーツだけど、かなり奥が深いようだ。

奥の深さではサーフィンがどのスポーツよりも深い気がするが、奥が深くて難しいから、出来た時の感動が有ってはまっていくんだよね。

何が言いたいか分かったでしょうか?人の頭の中のことなので説明が難しいけど、なんとなく分かってくれて、上手くなるように考えてくれればと思います。

上手くなることもそうだけど、どうやったら怪我しないでサーフィンするか?どうやったら、沖に出られるか?などホントに基本的なことも考えないと事故につながるからね。(何度も言うけど!)

でも、怪我したりすると海に入れないけど、ポイントに行って見ているだけで考えるようになるから、たまには怪我して見るのもいいかもね?って言うと怒られちゃうかも知れないけど、波が大きい日とか上手い人でいっぱいだから入れないポイントとか、上手い人(自分より)のサーフィンを見る時間を作るだけでも考えるようになるし、当然上手くなるよ。

さーて今週の練習会は、砂浜で『声だし』しながらサーフィンを見てもらうかな?(冗談)

 カテゴリ
 タグ
None

板が折れた!

  •  カテゴリ:SURF
久々に板折った!

今日の夕方、店前はセット頭半近くで風は南の弱いサイド。バックウォッシュもかなり有るが、セットの形のいい波はピークから掘れ掘れの波。砂を巻き上げているので水の中はゴミだらけで最悪だが、パワーがあっていい波だった!

なんでこんなにパワーも有っていい波なのに、俺1人。
こういうときこそ、小さい波でがっついている奴入ってきてやられないかな?なんて思ってたら、俺がやられてた!

暗くなってきたので良い波乗ったら上がるぞって思ってたら、セットの形のいい波発見!

ダッシュで追いかけたらギリギリでテイクオフ!最高のスピード感を味わって、軽くカービングしてフルボトムから一気にリップ狙ってコースター気味に降りたら、あまりのパワーに吹っ飛ばされて上がって来たらノーズが無い!マジかよ!

折れた板は去年オーダーで作った『JC』結構調子いい板で、サイズが有る波には最高な板。一回売ろうと思って店に置いていたけど、台風シーズンでサイズ上がりそうだから降ろして乗っていた。乗らなきゃ良かった!

P1010vbxvbxb012.jpg


10月早々に『シーソングCUP』有るのに乗る板が無くなった!前に使っていたか『ELVIS MODEL』もへこみ過ぎて重くなっているし。

速攻でオーダーしたが、間に合うか?

最近いい波がコンスタントには続かないが、1週間に1ラウンドくらいはいい波になってきている。

これからサーフィンの季節で波も良くなるので、夏にサーフィンしていない分もいっぱい乗らないと!

といっても板は無いが…

 カテゴリ
 タグ
None

2007 BOOST MOBILE PRO!

  •  カテゴリ:SURF
2007 BOOST MOBILE PROが終了!

とうとうケリーが優勝した!

この優勝で、生涯優勝回数の記録を抜いたのと、一気にランキングが2位になったので、今年もワールドチャンプの射程距離に入った。

やっぱり来たか!って感じだ。

slater05.jpg



この試合で、タジ、アンディー、ミックは17位でポイントを伸ばせなかったが、ケリーの優勝で1位のミックとの差が約200ポイント。残り4戦がどうなるか?だけど、最終ラウンドはハワイのパイプライン。ケリーの得意とするところだけに、最終までもつれてパイプの決勝でチャンプが決まる!ってストーリーが面白そうだ!

1位のミックと3位のタジの差が約700点ってことを考えると、今回の様な番狂わせがまた起きない限り無いかな?でも今回あったわけだから、無いとも限らないのも面白いところだ!

今回は夜起きてられなかったので、見れなかったのが残念だがASPのHPからVIDEOが見られると思うのでチェックしてみて!




brookes_t0010bmp07towner_l.jpg



Troy Brooks!ものすごい水の量だ!

 カテゴリ
 タグ
None

ビッグウエーブ!

9月になると台風などでサイズが大きくなることが多い。

そこで、今年はじめたサーファー(初心者)の人がまずぶつかるのが大きい波に乗ることだ!

俺の場合は、サーフィンやる前にスケボーしていたし、小さいころから海で遊んでいたので波自体が怖いことは無かったのですぐに大きい波に乗れるようになった。サーフィン初めて3回目でダブルのハセソウ!無理やり沖に呼ばれて、やっと沖に出たと思ったら『行け!』って反転してる最中に腰にリップ食らって吹っ飛んだりしていた。でも何本か乗れたし波が怖くは無かった。パドルが面倒くさいだけ。

大体の人が大きい波は怖いって気持ちを持っていると思う。ルール&マナーでも書いたが、皆が入っていると入ることは入るが乗るとなると完全に怖がっている。

この『怖い』という感情が、『気持ちいい!』になるとサーファーに変われる。

当然、怖い物に頑張る気持ちも出てくるはずも無く、パドルはどころか板を持って足の付くところに立っているだけの人も少なくない。

じゃどうすればいいのか?

俺が見る限り、海に入っていて怖がる境界線が有る気がする。怖がるサイズは人によるが、胸以上になると急に怖くなる人、頭以上で急に怖くなる人さまざまだ。人によっては、腹くらいでも怖いかもしれない。

ってことは、怖くない範囲の波でがんばって自信をつけることが一番の克服方法だと思う。

たとえば、俺に10フィートのリーフに入れ!って言ったら、1回目はビビッて乗れないと思う。でも次に6フィートくらいの波に散々乗ったあともう一度やったら結構乗れると思う。

イメージしてみて乗れると思うってことは、要するに自信が付きそうだということ。要するに、1ランク下に慣れたら、次のランクでは余裕が出来るはず。ってイメージするといいと思う。

で、初心者の人たちはどうか?って言うと、怖くない範囲の波だとのんびり入っている。

前に書いたが、スポーツとして上手くなりたい人も居れば、レジャーとして遊びたい人も居ると思うが、どちらにしても上手くはなりたいでしょう。で、レジャーの人は、出来る範囲の波ならのんびりやりたいと思うが、スポーツとして上手くなりたい。皆みたいにセットに乗って気持ちよく走ってみたい。等思う人は、これからのサーフィンの意識を変えないといつまで経っても『気持ちいいサーフィン』は出来ないよ。

海に行って、自分的にMAXまで行かないな。とか、これなら十分乗れそうだって波の時には、今後大きい波に乗りたいということを意識してやってみて下さい。

まずはドルフィンスルー。小さい時にこそドルフィンは一杯やったほうがいい。小さいとドルフィン要らないからってやらないと、少しでも大きくなったら、困って『いいや』って諦める人も多い。小さくてもタイミングとやり方は一緒だから、小さくてもドルフィン出来れば大きくても出来るよ。一番大事な所!『ドルフィンスルー』に自信が出来れば、あなたのMAXサイズが1ランクもしくは2ランクは上がるでしょう!

次はパドリング。当然パドリング出来ないと沖に行けないので、乗ることは出来ないのは当たり前だが、どちらかと言うと、小さい波の方がパドリング力を使うと思う。有る程度サイズが有ると、軽くパドルするだけでも波のパワーで押されて簡単にテイクオフできるから、小さい波を追いかけまくること!乗れなくても追いかける!追いかけて、乗れても乗れなくてもまた沖に向かう!

小さくても一杯追いかけると、岸に行ったり沖に行ったりでかなりの距離をパドルすることになるでしょう。

どの波に乗ったらいいか分からない。といって動かない人も多いけど、動かないと分からないよ。追いかけないと分からない。さすがに何度か海に入っていれば、波(どんな波でも)が来たこと位は分かるはず。波が来たらとりあえず追いかけてみよう!

次は!ってこれだけ!要するに基本的なことが出来れば、大きい波には十分乗れるって事!大きいといっても、頭とかせいぜい頭半くらいだからこれで十分。

サーフィンって乗ることだけが技では無いから、ドルフィンやパドリングも技だと思って必死に練習すること。足を閉じて、胸をそるのは当たり前で、更にパドリングが続くように、進むように頑張ろう!

野球で言えば、打つのは面白いからやらせろ!守備はいいや!でも試合に出たい!って言っているようなもの。それでは野球は出来ません。

基本が出来ないと危ないことも多いので、秋に向けて頑張ろう!

最後に、サーフィンはハイリスク&ハイリターンなスポーツです!頑張れば頑張るほどに大きい事が出来て、頑張った分の何十倍もの感動が得られる物。中毒性のあるスポーツです。(人生狂っている人も数名。俺もか?)

1年頑張れば、相当面白い!って思うはず。せっかくはじめたんだからこれを見ている人やビレッジのクラブ員の人たちには、この『気持ちいい!』って感動を味わって欲しいね!

 カテゴリ
 タグ
None

秋の気配

  •  カテゴリ:SURF
今日は久しぶりにいい天気だ!

風もそれほど強くは無いが、空気が乾燥していて暑さはあるがすごしやすい。

夕方はもろに秋って感じの空だ。

夏って何でこんなに短いんだろう?

今年の夏は、暑かったもののたいしたサーフィンしていないから、夏の気がしない。店に居て仕事をして夏が終わっちゃった感じだ。

来年は海水浴でも行きたいね。ボディーサーフィン大会とか?

 カテゴリ
 タグ
None

秘密兵器投入!

とうとう秘密兵器を投入した!

DCF_00fgf79.jpg


MIZUNO T=ZOID PRO PLUSだ!

前に買った物は、軽くてシャフトもカーボンだった。色々調べた結果、重いクラブでシャフトもスチールが良いと判明。確かに最近打てるようになってきたのか、どうも他の人のクラブを借りると打ち安いと思っていた。スチールシャフトでヘッドが重いものがいいみたいだ。

このクラブは5Iで430グラムもありシャフトもライフルの6.5だ。テツオのクラブで1度打たせてもらったが、かなり打ちやすかったのでもう少し重いほうがいいかなと思って買ってみた。ヘッドの形的には多少上級者向けらしいが、ちゃんと上手くなりたいのであえてこれにしてみた。


DCF_008ghhg0.jpg


練習用マットで素振りしてみたが、かなり重くヘッドの重さだけで振って見ると凄く安定して振れる気がする。

台風も去ったことだし、早速夜に練習場へ行って見ることにしよう!



 カテゴリ
 タグ
None

台風は勘弁!?

  •  カテゴリ:SURF
出来た時には喜んで、近づきすぎるとびびって来る。

普通の人たちには何の得にもならない台風が上陸寸前。
さすがにサーファーでも家に居たら迷惑でしょう。来る前に波が上がるのは嬉しいけどね…

でもって、この罰当たり者たちはいい波を求めてプチトリップ。

朝4時半に集合して、出来るところを探す。

ポイント名は書けないが、1ラウンド目はセット間の長いオフショアで煽られたポイント。大して良くなく1時間で終了。帰りにリーフで足怪我するし、ついてない。

2ラウンド目は!いい波!セット頭でホローなショアブレイク。
久しぶりのチューブを6本抜けた!うち1本は、完璧なライドでノータッチで抜けた!サイズ的にはたいしたチューブでは無いが、久しぶりなので興奮気味!チューブ抜けたら、板から降りないと岸に上陸しちゃうくらいのショアブレイクだが、切れた波はいい波だった!あれ、BBだったらほとんど毎回チューブでしょう!

そんないい波を満喫して帰ってきたら、風がビュービュー!

店の物で飛びそうなものを片付け、シャワー室の屋根に錘を乗せて…
帰ってきたら、かなり迷惑な台風。

クローズしない程度に、波が有れば十分嬉しいんですけど…

とにかく災害には十分注意してください。

初心者の方は、海に行かないように。行っても見てるだけにしたほうが良いですよ。中級者の方も良く波を見て、自分が入れるかを判断してから入って下さい。余裕で乗れる位じゃないと、入れないと思った方が無難ですよ。

DCF_0076.jpg

 カテゴリ
 タグ
None

ルール&マナーについて。

ようやく波が上がってきて喜んでいるのは上級者だけか?

今年の夏は本当にスモールだった!今年の夏にサーフィンを始めた人には良かったのか、悪かったのか?

HOWTOの方でも書いたが、俺的にはショートがやりたいならショートをやるべきだって書いたけど、波が余りにも無いと最初はショートでは辛いはず。なので今年の夏はファンやロングでも良かったかもしれないんだけど、波が無かったのはたったの1ヶ月(俺からしたら冗談じゃないけど…)結局これからはサイズが無くなるのも何日かで、ある方が多くなる。こうなってくると、今までスモールでも十分遊べたロングやファンボードが辛くなって来ている筈だ。

こっちはHOWTOではないので何が言いたいかというと、前にもHOWTOで書いたが、浮力が有ればあるほど波のパワーに影響されやすくなると言うことで、自分の技量に有ったサイズでサーフィンしないと危険だよといいたい。

ルールでは無いが、マナーになると思う。これは、ロングをやるな!とかファンをやるな!って意味ではないよ!当然誰もが最初は初心者なわけで、海の中でやるスポーツのサーフィンという部門においては、自然が相手になるということを忘れないで欲しい!

要するに、今まではスモールだったから、多少もまれても自分の手に負える範囲だったでしょう。特にロングなどでは胸とか肩とかあったら目の前でブレイクしてくる波にはまったく対処できないはず!1人で入っていれば問題ない(それも別の意味で問題だが)が、もし他にサーファーが入っていたら?俺も何度かやられたことが有るが、前でパドルしているサーファーがドルフィン出来ずに、板を捨てる!これ、半端じゃなく危ないんだよね。特にロングボードの場合十分に人が殺せる凶器になるよ。

ショートでも同じだけど、同じフィールドで上級者から初心者まで出来るのは、スモールコンディションの時だけ。まずは自分の技量にあった波ってどんなものか考えてみて欲しい。どのくらいの波だったら、絶対に板離さないで沖に出られるか?テイクオフできるのか?等ちゃんと考えて入って欲しい!

何人かが入っているから俺も!って人が多い気がするが、特に最近ロングの女の子での事故が多いので厳しく書いてみた。

俺がサーフショップ始めてから4年経つが、ロング関連の怪我を伴う事故って相当多いよ。

厳しいようだけど、千葉でサーフィンしたいと思うなら最低でも頭サイズに乗りこなすくらいの意気込みで始めて欲しい。小さい時だけでも乗れればって思って始めても全然かまわないけど、そうなら小さい時にしか入らないで欲しい。ショートでもBBでもロングでも同じ。

今回みたいに台風の時なんて本当に危ないから、簡単な気持ちで入らないように気をつけて欲しい。事故があってからでは遅いよ!サーフィンって危ないスポーツだよ。自分が危ないことをして自分が怪我をするなら勝手だけど、見ている人が居たらやっぱり迷惑掛かるでしょう。

最低でも他人に迷惑を掛けない!これがマナーです。よく考えてから入水するようにして下さい。実際に毎年何人ものサーファーが海で命を落としています。流されたり、波にもまれて地面にぶつかったり等、ちゃんとルールとマナーを守ってサーフィンすれば何の危険も無いスポーツがサーフィンです。思いっきり転んでも下は水だしね。

いきなりルール&マナーの第1回でこんなに厳しいことを書いてるけど、日曜、昨日と救急車が海に出動しているので本当に危ないから書かせてもらいました。無意味にサーファーを怪我させたくないので。

前にも書いた様に、スクールやショップの練習会などに参加していればそういった事故は少ないでしょう。安全にサーフィンして確実に上達するためにも、やはりちゃんと面倒見てくれるショップでサーフィンを始めましょう!


※この文章は、ロングボーダーを批難するために書いたものでは有りません。同じ状況で考えるとロングなどのボードの方がぶつかった時には大怪我になる可能性があることと、大きい波の時には手に負えないほどになってしまい易いことを考慮して書いています。上級者の方は分かると思います。
 カテゴリ
 タグ
None

台風スウェル!

  •  カテゴリ:SURF
ようやく台風の波で頭とかのサイズが出てきている。

土日はサイズ上がっているも、店のことでノーサーフ。

月曜にやっと海に入れたが調子が悪すぎ!結局3ラウンド入ってロクなライディングしていない!

1ヶ月も波無し地獄で、クアッドしか乗って居ないのも影響していると思う。どうしてもスピードが出ないから技がヨレヨレになっちゃう。

クアッドで波が無いと、前足体重でも加速しちゃうから完全に癖になっている。ステップバックがやりづらい。

波も大して良くないので本当に調子が悪いのか分からないが、多分調子悪い。パドルは辛くないけど…

ゴルフにはまっているからだ!なんて声が遠くから聞こえるような…
でも、サイズ上がったらサーフィンが1番だから!
いい波でサーフィンしたら、ゴルフはやら無いでしょう。

ゴルフもサーフィンのトレーニングなつもり。

これから金曜日に掛けて、関東に接近するみたいなので、サイズが上がっているからって喜んでいる場合じゃないね!災害には注意しましょう!

 カテゴリ
 タグ
None

今週のショートコース

って毎週恒例か?

たて、テツオ、くりと4人。
ま、テツオには勝てないだろうなと思ってはいたが、たてに負けるとは!

結果は、たて41、テツオ39、クリ55、俺44の3位。
そんなに調子は崩れてないし、安定はしてきているんだけど、たまにやらかすのが原因か?

途中、ショート連発したりしたので集中してやったら、30台も難しくない感じがした。

室内練習が効いているのか、パターはそんなに悪くは無かった。ティーショットも若干のミスが有るが、悪くも無い。今回は20ヤード以内のアプローチで行ったり来たりと、超ショートを何回も打ったのが有って崩れた感じだ。

距離感を確実に練習すれば、30台は難しくないでしょう。

まだまだ練習足りないな!

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。