月別アーカイブ:2007年11月

2007年11月の記事一覧。サーフィンやちょっとした趣味について、勝手に辛口に書いていきます。 ご意見などお気軽にコメント下さい!
no-image

HOW TO SURF段々寒くなってきたし、人も減ってきたかな?って思ってたけど、3連休だったせいか結構人が多かった。水も半端ないくらいに冷たくてもう3ミリでは厳しくなって来ている。9月からずーと波も続いたが、ここ1週間はサイズもなくなりパワーのない波が続いて今までの感じとは違った波乗りになっているが、昨日の海で感じたこと。寒いと上手い人と上手くない人(初心者等)の違いがはっきり出る。何が違うのか?冬になってくると3ミリフ...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF続き。ビレッジでの練習会は級別で分けて指導しているが、初級とはテイクオフが出来て、その後多少コントロールできる程度と考えている。今回の練習会での初級者へのテーマは、前にも書いた力加減。中級でも、シングルフィンで練習するのは結局は【力加減】の調節なんだけど、初級者のそれとは意味が違う。初級者は、やっとテイクオフが出来るようになって、立てるようになるとみんなと同じように早く横に走りたいとか、技が掛けた...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF段々と寒くなりこれからのシーズンは練習には最適なシーズンだ!昨日は天気も良く久しぶりに西風のオフショアだったせいか海もずいぶんと混んでいたが、これからどんどん人も減って練習しやすくなるでしょう。そこで、これからの寒いシーズンは海に入る時には練習と割り切ってテーマを決めて海に入ることを癖つけましょう!練習会も夏の練習会と違って、中級者の部も復活!初級、中級ともに1人1人が意識を持って海に入るように、...

記事を読む

no-image

SURF久々に北上して、片貝で入った!今は片貝といえば『漁港』や『新堤』だが、今回入ったところは一番右のトイレの前。何年か前まで海の家があって、『ニベヤ』や『わかば』が有ったところ。俺がサーフィンを始めたのは約18年前その『わかば』って言う海の家に連れて行ってもらってここのポイントで入ったのが最初。ほんとの最初は、中学3年の時にマリブの前にウインドサーフィンのショップがあって、そこでレンタルボードを借りて...

記事を読む

SURFとうとうミックがワールドチャンプに!ブラジルでやっていたWCTイベントで優勝し更にワールドチャンプも獲得!ブラジルに来る前からほとんど決まっていたけど、優勝しちゃうところがさすがだ。オージーのチャンプは1999のオッキー以来か?まだパイプも有るので目が離せないWCTはWCT ホームページからチェックしてみて!次のパイプラインマスターズは12月8日から20日まで。金と暇があったら見に行きて~...

記事を読む

no-image

HOW TO SURF俺は今日風邪引いて海に入れないので、平日組みのビデオを撮りながらアドバイスをした。誰でも上手くなりたいって思っているのは前にも書いたとうりだが、何かしたい!って思いすぎて力みすぎているのがほとんどのサーファーだね。今回も、練習では海に入る前に切り返しのターンの練習をしろ!ということで海に入ったのだが、切り返しって案外簡単な様で難しいんだよね。5人入っているところを見てみたんだけど、とにかく力みすぎ...

記事を読む

VILLAGE SURFBOARDS待ちに待った第2弾!俺のボードが完成!第1弾は『夜明けの雷』(右)で今回のテーマは、『真夜中の雷』ってことで怪しくドクロを書いてみました。でも、今回ちょっとミスっちゃった!雷がギザギザ過ぎた。ぱっと見分からないかな?ドクロは2時間半かけてフリーハンド。ちょっとヒビのところが太すぎたのが失敗かな?俺自体が絵が下手だから下地に書かないと難しいね。完全フリーだとちょっと長細くなっちゃった。ま、裏だしたま...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

動作の遅さ。

段々寒くなってきたし、人も減ってきたかな?って思ってたけど、3連休だったせいか結構人が多かった。水も半端ないくらいに冷たくてもう3ミリでは厳しくなって来ている。

9月からずーと波も続いたが、ここ1週間はサイズもなくなりパワーのない波が続いて今までの感じとは違った波乗りになっているが、昨日の海で感じたこと。

寒いと上手い人と上手くない人(初心者等)の違いがはっきり出る。

何が違うのか?冬になってくると3ミリフルやセミドライといった重たいウエットになってくる上に、昨日はサイズも小さく波にパワーが無く、テイクオフ時に波に押されている感覚が掴みづらい。そうなるとテイクオフの動作のはじめがかなりの時間差になるように見える。

上手い人だと、『次の1掻きで滑り出す!』って予測できるから滑り始めたのと同時にテイクオフして走っていける。
初心者や初級者だと、パドリングで思いっきり漕いでいるせいか、波に押されている感じを受け止めてから立ち上がるまでに時間がかかるうえ、テイクオフの動作も遅い。

これがある程度波の斜面が長いような(大きい波)だったら、途中で立ってもスピードはそこそこ残るので長く乗れるが、波も小さくパワーも無いと、テイクオフした時点で波のボトムに居るのでそこから走ることは出来ない。走れるパワーのあるところに居ないのに板を走らせようと変に板を動かしたりするから余計に失速して終わっちゃうのがほとんどだ。

これから冬に掛けて小さくパワーの無い波も多いので、これは家でトレーニングするしか克服方法はないでしょう。

まずは、海に来るたびにパドリングを強化するように波待ちしている間もパドリングでうろうろするように。(サイズの無いところばかり入っている人は特にパドル力が無いです)

家でテイクオフ体操をすばやく出来るように練習する。
これは適当にやるのではなく、畳などの線の上に両足の中心が来るように正確にすばやく。
パドリングの姿勢は身体を伸ばして大きい体勢になっているが、テイクオフの時は一気に小さくなって丸くなるイメージで。テイクオフの後はその小さくなった体勢を伸ばすことによってターンでスピードをつけるので、ひざが胸の前に来て十分に曲がっているように!

よく、初心者でテイクオフの時に勢いだけで手を離してテイクオフしている(腕でジャンプするように)人が居るけど、あれではライディングは無理ですよ。両足が板についても両手がボードについているように!

最後に、その小さくなっている体勢って言うのは、ひざが小さく折れてお尻が落ちている状態なのでそこから立ち上がる(ひざを伸ばす)動作が必要になる。それも海の上で不安定なところになるので相当な筋力を必要とします。

そこで、家でも3日に一度で良いのでスクワットをしましょう!
やり方は、肩幅程度に足を広げて、そのまま椅子に座るようにお尻を落とします。大体の体重はかかとに掛かるようになるはずです。そこから、モモのラインが水平になるくらいまで下げます。伸ばす時は全部伸ばさないように。たとえば左サイドから他人が見たときに膝からお尻のラインが、3時から1時くらいの範囲で屈伸します。

リズム良く、12回ほどやって1分休憩3セットやってみて下さい。
男の人などはなれてきたら、バーベルや鉄アレイなどの負荷を掛けてやると良いです。
3日に1回たった5から6分の運動で上手くなるならやった方が良いでしょう?

本当に寒くなるのは正月くらいから。あと1ヶ月でトレーニングしないとせっかく人も減って練習できるのに上達を自分で止めるようなもの。
あの寒い中にサーフィンするなら夏の何倍も上手くなって、来年の春には波をクルージングできるようになりましょう!

ビレッジにはバーベルが有るのでやってみては?

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

練習会Ⅱ

続き。

ビレッジでの練習会は級別で分けて指導しているが、初級とはテイクオフが出来て、その後多少コントロールできる程度と考えている。

今回の練習会での初級者へのテーマは、前にも書いた力加減。

中級でも、シングルフィンで練習するのは結局は【力加減】の調節なんだけど、初級者のそれとは意味が違う。

初級者は、やっとテイクオフが出来るようになって、立てるようになるとみんなと同じように早く横に走りたいとか、技が掛けたいとか、波によっては捕まっちゃうから早く早く!ってとにかく焦る人がほとんどだ。

俺も昔はそうだった見たいで、当時通っていたサーフショップのオーナーから、いつも『落ち着け!』っていわれてた。今でも焦ることがしょっちゅうだが…

そう、初級の焦りは余計なところに力が入る場合が多い。

まずは初級者の場合、スムーズに波に乗ることが一番大事だ。
せっかくテイクオフしたのだから、なるべく長くなるべく早く走れれば練習になるし、ライディングの経験値が上がるからだ。

これは非常に重要で、サーフィンって普段から練習できないスポーツだけに、スノーボードやスケートボードと違ってやりたい時にやりたいだけやりたい事を練習出来ないから難しいんだと思う。
だからサーフィンは、せっかく掴んだ波の上にどれだけ長く居られるかが重要になるし、早くその波の上を走っている状態に慣れるかが問題なんだ。

慣れれば、当たり前だけど波の上を走ることに力を使わないのでリラックスして長く乗れるようになるし、技も簡単に出来るようになるでしょう。

たとえば、厚くてフェイスの長い波に(エンドレスサマーとかで出てくるような波)ロングで棒立ちリラックススタイルで乗ったら楽しそう!ってイメージ。

そんな力加減を覚えて欲しい。
今ビレッジに居る初級者のライディングを見ると、肩や背中に力が入って重心位置が高くなっている人、もしくはつま先やモモやケツに力が余計に入っていて逆にバランスが取りづらくなっている人がほとんどだ。

見ているとたまに良いところから乗っているんだけど、途中で終わっちゃう。見ていても『あ~終わっちゃうな。』って予測できるくらい。

そこで、今回の初級者には『ブラブラのダラダラ』をやってもらった。そう、さっき書いたロングの棒立ちサーフィンのイメージで。

実際に波に長く乗るって事だけなら、ほとんど力は必要ないので普段運動してない人でも簡単に乗れるはず。
ちょっと考えを変えて、テイクオフしたら立たないでそのままボディーボードみたいに寝そべったまま乗っていたら?長く乗れるし、余計なところには力が入らないでしょう?
同じボードで何故立ったら続かないの?

重心位置の違いだけです。立っていると重心位置が高くなって転びやすくなるのは当たり前に想像できると思うけど、力が余計なところに入ると更に重心位置が高く1箇所に安定しなくなる。その状態で波を見れないとバランスを崩して、ワイプアウトか止まっちゃうことになる。

意識的には『ブラブラのダラダラ』で腕からケツから全身から力を抜いてリラックス。そして、波のフェイスを良く見ながら足の裏に体重と水の力を感じること。間に板があるが足の裏で水の上を走っているかのように。

船に乗ったことがあれば、水面を手で触って走っているボートのスピードで手が沈めづらく、水の上を手が滑っていくような感じを感じたことがあると思うけど、やったことが無い人でもその、【水面を滑って行く感じ】をイメージして、足の裏にスピードの掛かった水圧と、重力でその水面に押し付けられる自分の体重を意識してみて。

そうしているだけでも相当長く乗ることが出来るでしょう。

なれてきたら、波のなるべくパワーのあるところを走れるように。波のトップからボトムまで滑り降りられるように練習してみて。

長く乗れば、いいことが一杯あるよ。

長く乗ることによって、波にすべることの経験値が上がりどういう波がいい波か分かるようになるし、距離を乗る分パドリングをするようになるのでパドル力が上がる。パドル力が上がると更に波に早く乗れるし、本数も乗れるようになる。乗れるようになると更に上手くなるって好循環になれるよ。

今年や去年初めて、中々長く乗れないって人は、今年の冬に一気に上達して来年は大会にチャレンジだ!

なに?冬はスノボーだって?そんな人は来年の春に1からやり直しですな…そして再来年の春にはまた…




 カテゴリ
 タグ
None

練習会!

段々と寒くなりこれからのシーズンは練習には最適なシーズンだ!

昨日は天気も良く久しぶりに西風のオフショアだったせいか海もずいぶんと混んでいたが、これからどんどん人も減って練習しやすくなるでしょう。

そこで、これからの寒いシーズンは海に入る時には練習と割り切ってテーマを決めて海に入ることを癖つけましょう!

練習会も夏の練習会と違って、中級者の部も復活!初級、中級ともに1人1人が意識を持って海に入るように、練習会の始めにテーマを考えて他の人のライディングを観察しながら自分も練習するというスタイルでやっていこうと思う。

昨日の練習会、まず中級者のテーマは『シングルフィン』って言うことで、中級の皆には行く前にサイドフィンを外してもらいセンターフィンのみで入水してもらい、つま先だけを使うようなターンを無意識に矯正して見た。

やったことの無い人は少々不安気に海に入っていったが、ちゃんとターンできる人にはたいしたこと無いテーマだ。
さすがに、まったくターンが出来ないわけではない限り乗ることは出来るので、極端に傾けたり、急に蹴ったりしなければ普通に乗ることが出来るでしょう。

実際に見てみると、乗り方は普通に乗っているが、本人に『どう?』tって聞くと、大体が思ったより乗れますって言う。だけど、たまにいい波に乗って意識して無いとテールが滑ってコケちゃう。って感じみたいだ。

この練習では、普段トライフィンっていう高性能に助けられて【技】をかけていることが分かるはず。ボトムターンでも人によっては横に走るだけでも意識していないとテールが滑ってドライブが利かなかったり、ひどい場合はフィンアウトしてワイプアウトしてしまう。
何度もこういったトレーニングをすれば、波にあわせて【板のライン】でサーフィンすることが出来るでしょう。上手いターンが出来るようになるので、横に走れるようになっている人位からはかなりいい練習になるでしょう!なれてくれば十分に技も入れられるし、出来るようになれば身体がターンを覚えてくれるので意識して無くても最短で上手くなれるよ。

今までどうりに板が動か無いとか、こけるのが恥ずかしいとか考えて、こういった練習がめんどうくさいって人は今までどうりゆっくり時間をかけて上手くなっていけば良いでしょう。

注意点は、波が良いときにこういった練習をすること!悪い時には頭の意識が他に奪われるので(波の状況を見たり)ターンに意識できないことも多いから、是非いい波で!
大体、いい波で好き勝手にサーフィンすると確かに面白いけど、上手くなりたいって思うなら、いい波のときこそ練習すれば簡単に上手くなれることを覚えて欲しい!だから、朝一とか入れる人は上手くなるんだけどね。

サーフィンもただ単に海に入って練習するだけじゃなく、頭を使って工夫することで他の人よりも短い時間で上達することが可能だっていう考えを持つことが重要だと思うよ。

これから寒くなっても頑張ってサーフィンしましょう!

初級に関しては次の記事で。

 カテゴリ
 タグ
None

サーフィンを始めた場所。

  •  カテゴリ:SURF
久々に北上して、片貝で入った!

今は片貝といえば『漁港』や『新堤』だが、今回入ったところは一番右のトイレの前。

何年か前まで海の家があって、『ニベヤ』や『わかば』が有ったところ。

俺がサーフィンを始めたのは約18年前その『わかば』って言う海の家に連れて行ってもらってここのポイントで入ったのが最初。

ほんとの最初は、中学3年の時にマリブの前にウインドサーフィンのショップがあって、そこでレンタルボードを借りてやってみたのが最初だ。ポイントももちろん『マリブ』。小さいころ勝浦の興津って所に住んでいて、買い物などでマリブでサーフィンしているのを見て親父に『あれは何?』と聞いたら、『あれは大人になったらやるもんだ!』って言われたから、1回だけやってみようってことで友達とレンタルしてやってみたのが最初だ。

何も知らないで適当にやっていたが、俺は小さいころから海の目の前に住んでいて、夏休みは毎日前の海で波乗り(波乗りマットで)をしていたから波に乗るってことは分かっていたから、立てるかどうかが問題だった。3時間ほどやって何回か立てたので面白くて絶対に大人になったらやるぞ!って思ってた。

高校に入って、スケートボードに燃えていたが、バイトで金が溜まったのでようやくサーフボードを購入。

高校の近くにあった、『SURF DUDE』って店だった。今はもう無いが、学校の帰りに毎日寄っていた。俺のサーフィンの師匠でショップのオーナーでもある人は相当なサーフィンオタクだったから毎日サーフィンの話をしていたな~。

話がだいぶ前まで飛んだが、そのショップの人たちが行っていた海の家が『わかば』だった。

確か中古で4万円の板と1万円の中古のウエットを買って、連れて行ってもらった。

初めて片貝で入った時は、多分セット肩くらいのいい波だった記憶がある。海に入る前に、準備体操をしていると『西井浩二プロ』が来て、『なに?今日から始めるの?頑張ってね!』って励まされたのを覚えている。その後2人は一瞬にして居なくなったが…

一番最初は何本か立てたが、もっと出来ると思っていたので悔しくてそのあと毎日通った。学校も行かずにサーフィンしていた。

原チャリで毎日通えたのも海の家があったし、昔は片貝ってかなりローカルが怖いところで、知り合いが居なければ、入れなかったくらいだ。俺の師匠が何十年も通っていたのですんなり入れたが。

かなり話が長くなったが、そのポイントに入ったのも何年ぶりか?記憶にあるのは7年か8年前くらいだ。

海に入っていて後ろを見ると、昔はあった海の家が無いくらいで、右にある林や公園の木で出来た建物や放置されているような船などは昔のままだった。

片貝は相変わらず砂浜も残っていて、テトラも同じだが、地形は沖まで浅くなっていてパワーもなくなっている様だ。

でも、人も少なく5人くらいで(そのとき新堤では120人)のんびりサーフィンが出来た。

18年前、がむしゃらにサーフィンだけに打ち込んでいた時を思い出したよ。

新堤や漁港ほどは混雑しないし、ロングライドできるので練習になるから、これからもたまには入りに行こう。

ふと思うと、丁度人生の半分サーフィンしていることになるな…

 カテゴリ
 タグ
None

WCT チャンピオン!

  •  カテゴリ:SURF
とうとうミックがワールドチャンプに!

ブラジルでやっていたWCTイベントで優勝し更にワールドチャンプも獲得!

ブラジルに来る前からほとんど決まっていたけど、優勝しちゃうところがさすがだ。

オージーのチャンプは1999のオッキー以来か?

fanning_m8452brz07tostee_l.jpg


まだパイプも有るので目が離せないWCTはWCT ホームページからチェックしてみて!

次のパイプラインマスターズは12月8日から20日まで。

金と暇があったら見に行きて~


 カテゴリ
 タグ
None

力加減!

俺は今日風邪引いて海に入れないので、平日組みのビデオを撮りながらアドバイスをした。

誰でも上手くなりたいって思っているのは前にも書いたとうりだが、何かしたい!って思いすぎて力みすぎているのがほとんどのサーファーだね。

今回も、練習では海に入る前に切り返しのターンの練習をしろ!ということで海に入ったのだが、切り返しって案外簡単な様で難しいんだよね。

5人入っているところを見てみたんだけど、とにかく力みすぎ!
力み過ぎって、身体もそうだけど、気持ちも力みすぎ!

思いっきり返せとは言っていないんだけど、上手くやろうとしすぎて自分で難しくしている。

確かに、今日のメンバーに切り返しをしろといってもキレイに出来るとは思わなかったのでわざと言って入ってもらったんだけど、出来ないから軽くかけるかな?と思ったら、やはり全員力みすぎてフォームもバラバラ。波を見てない。スピード出ない。

切り返しがそんなに簡単に出来ても困るけど(出来る分にはいいか?)入り口を間違えている。

そこで上手くなりたい人はどうすれば良いか?

まず、俺が今日言った『切り返し』って言うのは、【カットバック】、【オフザリップ】、【エアリアル】などほとんどが切り返しなんだけど、その基本動作なんだ。その切り返しのタイミングが違うだけ。要するにSの字を書くんだけど、したと上のターンのタイミングと大きさが違うだけ。って書くと簡単に思えるでしょう。って本当は簡単です!

S字にターンが出来たらほとんどの技が出来る様になるよ!基本同じだから。

まずは、そこまで行く入り口を見つける事。きっかけを探すこと。

難しいかな?要するにその『切り返し』をやる前に基本的な事がそれもごく簡単な事が出来ないとそこまで出来ないということ。

今回の5人も普段出来ているようで、やれ!と言うと出来ないような感じだ。なんとなくやろうとはしているのが分かるんだけど、出来ない。

そこまで行くための最低限のベースが出来ていないから難しくなっちゃうんだよね。

何かと言うと、まず

①波が見れていない。

切り返しが出来るようなところからテイクオフしていない。

②スピードを付けれていない。

波のパワーゾーンを生かせていない。

③ターン出来ていない。

まずはボトム側のターンからして違う。(間違えている)

この3つが大きく目立つし、ほとんどの人に言えること。

で、やらなければいけない順位も①から③のとおり。

冒頭で言った『力加減』って言うのは、力まず力を抜いて足の裏だけに体重と波のフェイスを走る力を感じて走ってみるって事。

体勢なんかはっきり言って棒立ちで良いから、波を良く見る事!パワーゾーンを走ること!ターンは旋回だって事を分かること(これは後からまた書きます)の3点を意識してリラックスしてダラーンとして乗れば良い。

簡単でしょう。いつも何かをやらなければ!何かがしたい!って気持ちが一番上達を遅らせていることを知ること!いつも俺は言うんだけど、上をあげるより、下をあげる!って事。調子いいときの自分に納得するのではなく、調子悪くてもこれくらいは出来るよってことに自信を持つこと。

これから冬に突入するので人は居なくなるし、波も朝とか良いから十分に練習できるでしょう。

具体的な練習方法は、

① テイクオフの位置を良く考えること。

② ボトムターンでひざを軽く曲げてリラックスしてターンすること(かなり棒立ちでも可能)

③ そのままプルアウト!

って波がもったいないけど、たったこれだけのことが出来なかったら、その上は無いよ。

①でもボトムターンしてプルアウトが出来るところから『逆算』して考えるようにすると、入り口が見えるはず。

とにかくこれだけの事が簡単に出来るようになるまでは『技』禁止!そのくらい『出来る!』って自信を持って練習するように!『出来る!』って言ってやらないのは無し!そういう人に限って、『出来る!』では無く『出来ちゃった!』(マグレ)の人が多いから。

今年始めた初心者の人も、出来ればこれを冬の間に出来るように練習して!焦らなくて良いから、1ラウンドに1回でも2回でも出来るように。プルアウトできないと危ないしね。危険回避のテクニックとサーフィンの基本のターンが一緒に練習出来ちゃうなんてかなりお徳でしょう?

いいかな?イメージは『だら~ん』って感じで足の裏に意識して、見るところはこれから走る路面(フェイス)だけ。

さあ、明日から出来るまでやってみよう!

 カテゴリ
 タグ
None

第2弾!

待ちに待った第2弾!

俺のボードが完成!

第1弾は『夜明けの雷』(右)で今回のテーマは、『真夜中の雷』ってことで怪しくドクロを書いてみました。

CA390adaf030.jpg


でも、今回ちょっとミスっちゃった!雷がギザギザ過ぎた。ぱっと見分からないかな?

ドクロは2時間半かけてフリーハンド。ちょっとヒビのところが太すぎたのが失敗かな?俺自体が絵が下手だから下地に書かないと難しいね。完全フリーだとちょっと長細くなっちゃった。ま、裏だしたまにエアーでもしたときにチラッと見えれば分からないでしょう。

CA390082.jpg



そこで、2月までにオーダーしてくれた方にはどうなっても良いなら『無料』で描きますよ。

但し、下地のカラーが有る場合はそのブラシ代は頂きますが。

クリアーに描くなら無料!

練習なので無料!

あまり凝ったものは描けないけど、そこそこ書けると思うよ。描いて欲しい写真とかあったらもって来てくれれば描いてみるよ。

4月になると忙しくなるので冬の期間だけ!

お早めに。

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。