スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

続き(ロング編)

  •  カテゴリ:SURF
ロングでも同じ練習が出来るが、違う意識を練習するのも良いね。多いのがいつもテイクオフも早くて浮力でどんどん進んで行っちゃうのが当たり前になっているでしょう。自分でもそうは思っていなくてもそうなっている人も多いはず。
でロングは波の無い日は、ショートでしょう!あまりにも小さいショートだと乗れもしないので、体重+10Kgくらいの人から借りて見るといい。と言うか、交換すると両方練習になるね。
ロング初中級者は、パワーゾーンを上手く使えていない人がほとんど、スピードが無くても沈まないから走っていればそれでも楽しいって人も居るが、上手くなりたいって人は見てて分かる。無理やり当てに行ったり、フェイスの開いたところでノーズに行ったり。

で、ショートで何を練習するか?

パワーゾーンを上手く使う練習をすること。
ロングの場合勝手に進んじゃうから、ショートに乗り換えるとまず走れないでしょう。テイクオフから、パワーの有るところで乗らないとちょっとした体重移動のミスで沈んでいく。まずは、テイクオフの位置取りから気をつけていかないといけない。やっと立ってもロングよりは簡単に傾いてしまうのでレールが沈んで走っていかない。ショートとロングは旋回半径が違うので(ショートみたいなロングも有るが)その開店半径にあわせて体重を移動しないといけない。
そして、パワーゾーンを上手く使うことが重要。案外パワーの有る波なら、ロングの人はいきなりショートでも乗れるが、パワーの無い波だと沈んじゃう人が多い。で、前だけ見ないでどこがこれから掘れてくるか?パワーがどこにあるかを足の裏で感じるように繊細に乗ることが重要だ。
ショートでもロングでも、初中級者はデジタル的に体重移動をしている人が多いので、アナログに体重を傾ける練習になる。そーと乗るところと、思いっきりターンできるところが分かるでしょう。
特にロングだとスタイルも有ると思うが、上手い人は流れる様なラインで技を入れていくのが分かるでしょう。小さい波でも上手くパワーゾーンに乗せて、軽々とリップしたりノーズを決めたり!
WLTクラスになるとショートのプロと同じようなターンをするから凄い!
当然、ショートもかなり上手いが…

ショートの人が波の無い時にロングをやることは逆にやりたがるが、ロングの人が波の無い時にショートはやりたがらない。ちょっと小さくしてファンボードでもいいし、小波用のツインフィンなどでもいいからやってみては?
テイクオフも遅いし、沈んじゃうしって言うのも分かるが、上手い人は乗れることを考えたら、上手くなるためのトレーニングだと思ってやってみては?

波が無いって事は、いつもまっすぐしか見てなくて同じ事を繰り返して行く自分のサーフィンを見直すきっかけになるからたまにはいい薬になるでしょう。初心者のころからそういう癖をつけておくと上達スピードは格段に速くなるよ。
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。