スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

イメージ力

サーフィンには『イメージ力』が必要です。

先週末『シーソングCUP』に出場して、何とか3位に入賞した。
大会の反省じゃないけど、気づいたことが『イメージ力』の低下!

サーフィンじゃなくても、イメージ力を普段から使っていると思うけど、歳をとっていくとイメージ力って低下すると思う。多分『イメージ力』自体が低下しているのでは無く、体力が落ちるからその体力に合わせたイメージしか出来なくなってくるだけなんだろうけど…

たとえば、子供の頃って旅行前とか、行きたい所に行く前とかワクワクして眠れないとか落ちつかないとかって経験あると思う。その次に起こることに対しての期待が『イメージ』になってるからでしょう。

ここで言いたいのは、サーフィンの技術に対する『イメージ力』を付けよう!とかではなく、サーフィンって楽しいって言う『イメージ力』を持とう!って事。

俺の場合大会前になると、ヒートをイメージして15分単位でサーフィンしたり、得点が取れそうなライディングを練習していた。最近は大会もめったに出ないし、勝たないといけないプレッシャーも無いからあまりそういった練習をすることが少なくなってきた。
大会が近くなると、『エアーが決まれば』とか『チューブにならないかな?』とか中々出来ないことを想像して高度なことをやろうとする。で、終わってみれば『もっとベーシック事を確実に出来るようにならないと!』って思う。

これって、2つのイメージで使用前と使用後の2つ練習していることになる。それと、相当なイメージ力が付いているって事。

で、イメージ力って何か?って言うと多分『集中力』と関係しているんだと思うね。大会前ってそれだけ集中力が高まって、脳の中のイメージ力が使える範囲が広がるんではないかな?だから、普段ぼーっとサーフィンのことを考えているより、イメージが鮮明になった結果調子が上がって上手くなれる。

大会に出ることによって勝ち負けよりもこの集中で上手くなるから、出られるレベルの人はどんどん大会に出た方が良いでしょう。ただし、楽に勝てる試合にはでないこと。今のままでも満足してしまうと、集中力もイメージも高まらないからね。

しかし、大会に出ない人も大会シーズンではない冬なども、自分で管理する範囲内で上手くならないといけないんだけど、やっぱり『サーフィン』が面白い!って思うことが一番だと思うよ。要するに、波に乗りたい!って気持ちが高いほど、集中してイメージできるって事。

最近ゴルフやっていて、他の人から見たら『店長はまってんな!』って思っていたと思う。そのとうり!

だけど、サイズが上がったりチューブの波だったりしたら別!サーフィンより面白いことは無いの知っているからね!確かにはまってはいたけど、イメージ力はそれほど使っていないよ。最初の2週間くらいかな?今はのんびりやって上手くなれればって感じ。

それより、サーフィンがもっと上手くなりたい!って思ってる!しかも大会にでて、まだまだ上手くならないと!って感じ。

人によって、イメージ力の使えるキャパシティーって決まっていると思うけど、『はまる』と広がるんだ。多分。

大会を1日中見ていたりすると(負けて見ていたり、応援にきたりで)夕方サーフィンしたくてしょうがなくなると思う。相当イメージが出来ていて、それを試したくてしょうがない。集中もしているし。

初心者の人たちは、何を目標にするか?でサーフィンの楽しさも変わると思うから、冬の前に自分自身で確認してみては?

もし、ちゃんとした『サーフィン』って物がやりたい!って思っているのであれば、海に入ることだけが練習では無く、海を見る時間を作る事。海に行けない時もDVDなどでサーフィンを見たり、本を見たりするとどんどんサーフィンがしたくなって、集中力もイメージ力も上がると思うよ。

前回書いた沖にでるって事も、集中力が有ってイメージ力が付いていれば、何とか沖に出て乗ってやる!って考えるはず。サーフィンはハイリスク、ハイリターンなスポーツだから、辛くても当然!それだけ、出来た時の楽しさは何よりも上!

俺の場合、子供の頃から集中力やイメージ力のキャパが高いようで、こうやってブログをつけたり、クラブ員に教えたりすることが無ければ普通どう考えているかなんて分からなかったけど、結構人によって違うんだなって気づいた。

で、ゴルフを始めたら更に気づいたのが、キャパには限度があるって事。ゴルフもサーフィンもすべてに100パーセント使えないって事。10年前なら、生きているうちのイメージ力は98パーセントくらいサーフィンだったからね。今では?…

そこで『サーフィンが上手くなりたい!』って思う人に練習方法を。

1、海に入る前に、30分は海を見ること!

大会で自分のヒート前には最低でも3ヒートは見ているので、45分は見ていることになるから、30分でも短いかも知れない。

2、自分が出来そうな技を1つに絞る!

30分も海を見ていたら、どこからパドルすれば出やすい。とか、カットバックの練習に良いな。とか、技術的なことを1つに絞って練習すると1つの技術に対して『イメージ力』が使えるキャパが増えるし、集中力も1つにまとまるので、上達につながるでしょう。

3、上がっても30分は海を見る!

2まで出来る人は結構居ると思うけど、3が出来る人は中々居ない。これが重要で、反省できない人は向上しない。やっただけで満足では次につながらない。上がってから帰らなければいけないのに、30分も見ているともう一度入りたくなる!それで帰るから、また入りたくなって入れないから、DVDを見たり、本を見たりで更にイメージが高まる!で、次に海に来る計画を立て、次にやりたい技のイメージが更に高まって『海に入りたい!』って強く思うようになる。サーフィンが楽しいから、『イメージ力』が付くのも当然。

ただ、『イメージ力』を付けようとしても方法は無いよ。『楽しい!』って思わなければ!

『気持ちいい!』かな?


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。