スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

8月の練習会。

今回の練習会は、脱初心者クラスだった!

ほとんどレベルの変わらない5人だったのでちょうど良かった。

テーマは、『横にスムーズに走る事!』

横に走るって事自体は落ち着いて考えればかなり簡単な事なんだけど、見ていると自分で難しくしているパターンが多いね。

まず、適当にやっている人が多い!乗れそうな波が来たら岸に向かってパドルして、滑ったと思ったら立って、立った瞬間から早く!早く!って感じでいくから安定しない。

斜面の緩い簡単にテイクオフ出来る波だと長く乗れるって人は大体そうだと思うよ。

そんなにいい波毎日無いからね。

テイクオフに関しては過去にも書いているのでそちら参照してもらって、テイクオフがうねりから出来る人はここから参考にしてください。

まずは、何かをやろうとし過ぎの心を抑えること!

このレベルで上達しない人は、さっきも書いたように適当で、それでいて焦っている。逆に言えば焦っているから適当になる。

で、何に焦っているのか人にもよるが、ほとんどの人が、『立てるようになった』=『技をかけられる』と勘違いしているでしょう。

たとえば、マラソン!もし、あなたがマラソンで42kmを完走しよう、大会で優勝しようと思うなら、今日から42Km走って見るか?

無理でしょう!そんなことは誰もやらないはず。まずは1km、2km走ることから始めるはず。足が不自由では無い限り、走ることは出来てもいきなり42Kmは無理でしょう。

サーフィンも同じ。まずは今出来ることから練習しないと最終的にはやりたいところまで行けない。
10の事がやりたいのに、1や2を飛ばして10のことは出来ない。
特にサーフィンはみんな何年も何十年もかけて上手くなっていくスポーツだから、今ベーシックなことを練習しないと、先の上達がさらに遅くなっちゃう。何キロも先まで飛んで行くロケットが飛んだ瞬間から1度角度が狂ったら全然違うところに行っちゃうでしょう。サーフィンも初心者のときの考え方や一緒にやる人のやり方で全然違う方向へ行っちゃうよ。

そんな感じでまずはテイクオフした後の気持ちを抑えて、テイクオフしたら何をするかを決めておこう。もう走るとか技とかの前の事考えないとね。まずは安定して横に進むこと(走るって言うとアップスンとかになっちゃうからね)

多いのは、テイクオフでいたが滑り出したとたんに先を見ちゃう人。早くあそこに行かなきゃ!的な人。
まずは、ファーストターンをきれいに決めること!これが適当だから、その後のライディングも適当になっちゃうんだよね。まず、降りて行く場所や、ターンする場所見てないでしょう。確かに上手くなってくると、テイクオフの時点で大体の斜面の感じやパワーがどこにあるか分かっているから、ほんとにチラッとしか見てないけど、初心者はここを良く見ないと!

たとえば、車の運転を最初にやったときにどうハンドルを切ったか思い出して。教習所でハンドルを切るとき、交差点に近づいたら常に曲がる方向を見てハンドル切ったかな?曲がるポイントを見て、ハンドルを切り始めるポイントをつかんでから、曲がって行く方向を見ていたはず。何年も運転しているとなれてきて、どこでハンドルをどのくらい切るなんて意識しなくても曲がれるようになると思うけど。

それと一緒で、まずはどこでどのようにファーストターンを入れるかを見て、そこからターンが決まったら次のマニューバーを考えても遅くは無い。

これは中級者にも言えることで、ある程度の年数やってきて、多少能力もあると、そこを飛ばしてきている人も居るけど、もう一度確かめてみて。

初速が違えば、その後のライディングも違ってくるからね。プロとかライダー見て、『速い!』って思う人はこれが出来てない人が多いよ。

いかにスムーズに、落ち着いて、波の斜面にセットするかだね。

長いので、そのターンの注意点は続きで。





モテ男の極秘グッズバーゲン会場

スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。