スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

おいしい魚の代償。

またまたまた!病院行きになった!

先週木曜日に知り合いから電話があって、某所でサバが入れ食いだよ!ってことでサバ三昧の3日間だった。

釣りたてのサバはうまい!マジでうまい!

特にしめ鯖がうまい!

土曜日の夜中(日曜の朝方)激痛で目が覚めた。そのときはただの食べすぎかな?と思っていたが、日曜の学科試験のときにもキリキリ痛みが続き、昨日の夜も何回も起きてしまうほどに胃が痛む状態だった。

今日医者に見てもらうしかないなと思い、朝から何も食べないで(胃カメラだろうと思い)胃腸科へ。

診察室に呼ばれ、状況を話すと『じゃ見てみましょう!』ってことで(やっぱり!)胃カメラ室へ。

まずは小さいコップの小麦粉を溶かしたようなトロっとした飲み物を一気に飲み干す。

その後横になり、スプレーのような麻酔剤を飲み込む。2分ほど経つと喉の奥のほうが麻痺してきた。

そして院長登場!じゃ行きます。ってことで胃カメラ挿入!

目の前にモニターがあって自分で見ることができる。

喉から食道を通り胃の中へ。途中で2箇所ほど前が見えなくなる細いところ(喉と胃の入り口?)を通過!そのたびに『おえっ!』と来る。途中で息の仕方ががわからなくなり苦しくなるが、補助の先生が分かっているらしく、『おなかでゆっくりと息を吸ってください。』と教えてくれた!言われた様にやってみるとスムーズに息が吸える。そこまでかなり苦しかったが、腹式呼吸?でかなり楽にできる。

一番奥まで行った後、カメラの角度を変えながら徐々に戻していく。

途中小さな穴あったけど何も言ってなかったから大丈夫なのかな?

胃の中は朝飯も食ってないし綺麗なもんで綺麗なモツみたいだった。

徐々に上がっていってもう少しで入り口ってところ『居た!』という声とともにモニターを見ると、なにやらとぐろを巻いた虫らしきものが。

院長『取ろうか?』
助手『ハイ!』
院長『つかんで!』
助手『ハイ!』つかめず…
院長『つかんで!』
助手『ハイ!』またもつかめず…虫もつかまれたくないから逃げているようだ。
院長『つかんで!』
助手『ハイ!』3度目の正直で見事にキャッチ!

終わってから起き上がると、涙はでているし、よだれも出てるで大変だった。抜くときは気持ちよかったけどね(異物がするするっと抜けていく感じ)

見てみると…

SBSH0170.jpg


見えるかな?細さはシャーペンの芯くらいで、長さは3cmくらいあるのかな?取り出された後もうようよと動いている。助手の先生は、『まだ元気だね!よほど新鮮なアニサキスだね。』と。

俺を2日間苦しめやがったアニサキスもこれで終わりだな!

人生初のアニサキス症と胃カメラ。

胃の中も見れたし、健康診断だと思えばたいしたことはないが、アニサキスはもう勘弁してほしいね。

しかも最近の病院行きは日曜日になることが多くて、我慢しないといけない状況が多い!

ま、大きい病気とかじゃなくてまだましかな?

とにかく生の青物やイカにも気をつけましょう!

もし釣ったり買ったりして食べる場合は、冷凍(-20℃)で数日間保存するか、火を通してたべる方が無難でしょう。

もし青物などを(特にサバといわし)を食べた場合4時間から8時間後に胃に激痛が走ったら即病院にいったほうが良いです。取ってもらえばすぐに済むので面倒くさがらずに行ったほうが早いよ。

これが胃を通り越して腸まで行ってしまうと面倒なことになるみたい。

綺麗なバラには棘がある。と一緒で、おいしいサバには虫が居ると覚えておきましょう!

とは言ってもおいしい魚はやめられないけどね…




暖房器具販売館


スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。