スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

小型船舶操縦免許!

とうとうゲット!

PC260050.jpg


20日に実技試験が東京ディズニーシー沖で行われた。

受かる確立からすると楽勝だが(95%以上)教本を何度もみて勉強はした。

当日は快晴で、風も無く面つる!
講習の時は同じ場所だが、風がオンショアで面バタついてとにかく難しかった!

船自体は何度も操船しているので問題は無いが、安全確認が重要だ。

結局のところ安全確認がすべてだと言うこと。

9時にニューポート江戸川というマリーナに集合。
15分ほど注意点などの説明を受け何班かに分けられる。

冬ということも有るのか受験生は全部で20名ほど。

俺は第2班に回されてしまったので開始は10時30分ごろ。
教室でぼけっとしてても暇なので第1班の様子を見に行く。

まずは教官に装備品の点検や結びなどをやらされて沖に向かっていった。

1時間ほどすると帰ってきたが、2人ともニコニコだった!よほど上手くいったのだろう。

さてと自分の番だ!

長くなるので一緒に乗った人は省略。

まずは、係留ロープの点検。
ロープのを点検し『係留ロープよし!係留ロープ点検終了しました!』と大きな声で報告!
そして、燃料フィルターの点検、あかくみの点検を終了し、桟橋に<巻き結び>をする。これは楽勝!

乗船し、エンジン始動。
『エンジンルームを換気してエンジン始動します!』ブロアスイッチを押して換気したあと、エンジン始動!
『エンジン始動終了しました!』

暖機運転してください。と教官。
1500回転まで回転を上げ、暖機運転終了。

そこまで終わると教官の運転でディズニーシーの沖に向かう。

10分ほどで到着。途中後ろを見るとまたまたいい引き波が立っていた!今日は面つるなのでさらに良さそうだ。

まず、微速前進から。
船尾に回り、プロペラ周りに異物がないか確認(超重要!)『微速で前進します!』クラッチを前進に入れて目標に向かって前進。
次は滑走状態まで増速する。今日は3000回転なので3000回転まで上げる。『滑走状態まで増速しました!』というところ、『滑走状態まで増殖しました!』と言ってしまった!パニックって舌が回らず…多分評価に影響は無いと思うが。

そこから、左に変進、右に変進して、一度停止。

後進してください。と教官。
『後進します!』また船尾に回り船尾周りを確認。後進して、後進で方向転換。そして停止。

その後『ボチャ!』と音がして、『後ろのブイが見えますか?』と教官。人命救助だ!

何度も操船した俺にとっては得意分野だ。しかも面つる!1発でピッタリ救助!楽勝!

そして、そのまま俺の運転で蛇行操船の場所まで行く。

蛇行操船の場所は川の中だ。
これが講習の時にはオンショアでバタバタの海でやったので第一ブイが発見しづらかった!オンショアのせいでブイも一列になってなくて大変だったのでそれを心配していたが、川の中なら波もないし楽勝だ!しかも教官が1列に並ぶブイのラインまでセットしてくれる。

『蛇行操船開始します!』と宣言後、船尾周りをチェック!滑走状態で蛇行操船。また楽勝だ。

次はマリーナに帰って、着岸、係留、離岸だ。

操船にはまったく心配ないのでピッタリ着岸。係留して一旦終了。
教官の後進で離岸して下さいの声で離岸。

とにかく楽勝な実技試験だった!

もう一人は相当やばかった!まっすぐ前進できなかったり、暖機運転も出来なかった。これは落ちたなと思って発表見たら54番の数字が!あれで受かるのか?まったく初めてでも受かる気がする…途中教官が教えてたし…

ま、人のことは良いがこれで堂々と船を走らせることが出来る!(免許もって無くても免許持っている人が乗っていれば堂々と操船できるが)

びれっじ丸も出航できる!

来年に向けて20fオーバーの船をゲットするよてい!
20fオーバーの船ならある程度波があっても釣りできるし、トローリングも出来る。
トーイングもいつでも出来るのでこれからはターン練習がいつでも出来るようになる!

来年早々に1級に進級予定なので1級があれば相当遠くまで行けるぜ!

免許を取りたい人は教えるよ!




大人の電子タバコ トウキョウスモーカー販売館
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。