スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

足首の柔軟性

久々にサーフィンネタだ。

昨日、夕方ビデオを撮りに店前で気づいたこと。

腹くらいの乗りづらそうなパワーの無い波。

上級者と、中級者で何でそんなにスピードが違うのか?同じように技はかけているんだけど、技のキレや角度などもスピードの違いで変わってくる。

スピードのつけ方を教えるのって難しい問題で、色々とスケボーで練習したり、図に描いて説明したり、色々とやっているが、その本人にイメージがつかないとわからない問題だ。

どうしても中級者に多いのが、スピードをつける練習をするより、技の練習に走りがち。
そうなると、テイクオフが早くて軽い板が調子がよくなると思う。いたの性能もあるが、もう少しスピードをつける練習もしてみよう。

昨日気づいたのは、足首の柔軟性が違うということ。使い方の問題もあると思うけど。

よくひざが硬いとか言うけど、もっと足首の方が重要だと思う。
初中級者で軽い板で技をかけて調子がよいと思う人は、足首でピョンピョン跳ねている人が多い。
ただ、板が当たれば技になっていると思っていると思う。そうするとスプレーの出ないサーフィンになっちゃう。

特に小さいと足首の跳ねだけでも十分トップに届くからやりやすいと思う。ただ、その1発で終わっちゃうみたいな感じになりやすいけど…

その小さい波の時に、上手いサーファーはスピードがあるので軽く当てているようだが2発3発と技を入れてくる。その違いは何故か?観察してみた。

さっきも書いたように、ひざが硬いって言うのもあるし、そう見える。でも何か違う。

自分の感覚と見ている中級初級の動きをよく見ると、ひざより足首の使い方が違う。さっきも書いたけどピョンピョン跳ねている動きになりがちだ。確かに上級者でもたまにはやるけど、そればかりでは無い。トップのパワーがある斜面のある時には逆にぴょんぴょんは使っていないのだ。

ピョンでスピードを付けるのではなく、ピョンでトップに行くだけ。トップに居られればそこから降りれば最大のスピードが得られる。厳密に言うと、ただ重力を利用して降りるときより2倍も3倍もスピードを付けることが出来る。

その時の足首の使い方が硬いと、上手く斜面を捉えることが出来ないためスピードが出ない。上級者は出来るだけボードに抵抗をかけないため失速をさせない。失速させないためにはボードに必要以上の力を加えてはいけない。相手は水なのでしなやかに足首を使う必要があるのだ。

つりをしている人はわかると思うが、柔らかい竿でオモリのついた仕掛けを遠くに飛ばす感覚だ。急に竿を力いっぱい振ったら竿は折れてしまうか糸が切れてしまう。しなやかに振ることが必要だ。それと同じ感覚だ。

ひざも重要だが、足首がもっと重要だった!ひざは全体的な動きで見えるけど、足首の動きは見えない。全体的な体の動きはビデオなどでイメージできるけど、足首の動きまでイメージしている中級初級の人はほとんど居ないと思う。イメージできなければ、自分の感覚でイメージを作るしかない。それに気づくか気づかないかで大きく違ってくる。

具体的には文章ではかけないが、さっきの竿を振る感覚って言うのをイメージして見るといいかも?直接会って教えれば何とか伝えられるけど…

今度、海で上級者を見る機会があったり、またはビデオなどで意識してみて見て。スピードさえあれば何でも出来るから、まずはスピードを付ける練習だ!

こればっかりは伝え切れないので、詳しく聞きたい人はお店まで!



スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © VillageSurf店長のBlog All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。